Home  >>  モンベルユーザーならコレを買うべし!

モンベルユーザーならコレを買うべし!

モンベルユーザー 比較的手ごろで購入できる価格のものが多いモンベル。ですが、レインウェアひとつとっても様々な種類があり、登山初心者にはどういった基準で選べばいいのかわかりにくいです。そこで、登山ビギナーやモンベルのことをあまり知らない方に、人気があり機能も充実した製品をご紹介していきます。

レインウェア トレントフライヤー ジャケット

モンベルオンラインショップ価格:21,000円+税
カラー展開:全5色
2015年春ごろから注目を集めだした、超軽量レインウェアです。

重さは専用のケースに入れた状態でも215グラムと、とても軽いレインウェアとなっています。12デニールの極薄生地を使って縫い目をなくしたうえ、織目から水の浸入を防ぐジームテープの幅も最小限にしたことで完全防水と驚愕の軽さを実現しています。

さらに2015年モデルではピットジップが追加されたうえ、細かい部分も改良されましたのでよりアクティブな動きに対応できるようになりました。ピットジップとは衣類内にこもった熱を放出するため、脇の下に設置されているジッパーのことです。衣類内の熱をすばやく放出することができますので、より快適に登山を楽しむことができます。

アウター ラライトシェルアウタージャケット
モンベルオンラインショップ価格:7,429円+税
カラー展開:全6色
モンベルと言えばライトシェルアウタージャケット、というくらい人気の製品です。中には愛用歴10年オーバーのユーザーも多く、その人気の高さが垣間見えますね。

この製品の特徴はなんといっても薄く、軽いということ。平均重量は273グラムという驚きの軽さです。小さく折り畳めるので持ち運びもしやすいため、夏に標高の高い山を登るときなど、ザックにしまっておく防寒着として最適です。

表面はポルカテックスという世界最高水準の撥水性を誇り、洗濯などのダメージを受けても性能が落ちにくいという生地を採用。裏地はメッシュになっていますので蒸れにくい設計です。

実はこの裏地、購入者のレビューを見てみると買った直後から毛羽立ちが目立ち、非常に安っぽく見える、という意見が多々あるようです。しかし、長年愛用している方がおっしゃるに、その毛羽立ちこそが肌触りのよさを生み出しているのではないか、とのことでした。実際、着心地や肌触りがいいと語っているユーザーが多かったので、あながち嘘ではないのかもしれません。

デザインはロゴ以外、単色で統一されたシンプル設計で、モンベルらしさがよく出ている製品です。そのため登山用としてだけでなく、通勤時やちょっとしたハイキングなど、幅広く使えるところも長年愛されている理由のひとつのようです。

このライトシェルと名の付く製品はシリーズで販売されており、さらに薄く軽量化されたウルトラライトシェルジャケットやフードがついたライトシェルパーカーも人気があるようです。季節やご自身の登山スタイルに合わせてチョイスしてみてください。

ボトムス  サウスリムパンツ

モンベルオンラインショップ価格:6,500円+税
カラー展開:全5色
安価ながら長い間使えると、ほかと同じく人気の高い製品です。中厚手として販売されていますが、実際のところは薄手との声が多くありました。

ですが破れやすいお尻と膝の部分は二重構造になっているうえ、生地自体もかなり丈夫で、1年登山に使用しても目立った傷ができないほどだそうです。よく動く膝の部分には立体裁断をほどこしてありますので、険しい山道を登っても動きを妨げられる心配がありません。

また、サイズを細かく指定できるのも人気のひとつです。ウエストはもちろんですが、股下の長さも選べるため、裾上げする手間がなく購入後すぐ使用できます。ですが、ウエストは思いのほかタイトな作りになっているようなので、ネットで購入する際は注意が必要です。

もちろん保温性もよく、通気性もあるので1年中使える万能なパンツです。アマゾンの評価も4点と高評価を獲得していることからも、品質のよさを見てとれます。

いかがでしたでしょうか。 実際にモンベルのお店に足を運んでみても、種類が多すぎて何を選んだらいいのかわかりにくいですよね。店員に聞いたとしても、すすめられる製品はその時々で違うため、本当に困ってしまいます。

今回ご紹介した中で特に人気があり、持っていると便利なのが、サウスリムパンツ。1年を通して涼しいことの多い山に登る際の、冷え防止にとても重宝します。

冷えは登山に限らず健康の大敵でもあり、特に下半身が冷えると体全体の血の巡りが悪くなるので腰痛や、男性特有のものですとEDの原因になったりもするんだとか。せっかく登山で体を鍛えようと思ったのに、下半身のパワーダウンにつながるのでは意味がありません。最近では、EDに対して高い改善効果のあるお薬を処方してくれるメンズヘルスクリニックもあるので万が一の場合でも安心。しかし、ならないに越したことはないでしょう。登山は健康にもいいと言われているレジャーですから、きちんとしたウェアを身につけてより健康的で、若々しくい続けたいものですね。