Home  >>  モンベルで人気のソフトシェルの魅力

モンベルで人気のソフトシェルの魅力

ソフトシェル 近年、急激にユーザーが増えているソフトシェル。その人気を裏打ちするかのように、各メーカーからも続々と様々な製品が発売されています。モンベルではライトシェルシリーズをはじめとして数々の製品を展開し、人気を集めています。

ですが、よく聞くソフトシェルとはそもそもなんなのか、きちんとご存知の方は案外少ないはず。本記事では、モンベル社のソフトシェルを中心にその魅力について紹介していきます。

そもそもソフトシェルとは何なのか

まずはソフトシェルというものにそもそも提議があるのか。実は、ありません。各メーカーでソフトシェルとして販売している製品も、大まかな共通点はあれど、特徴は大きく違い、一括りにするには首をひねるほどかけ離れているものもあります。

発端はゴアテックス社などが販売しているハードシェルという完全防水のレインウェアや冬用のジャケットパーカーのような、しっかりとした重たいアウターと正反対の位置に属するものとして販売が開始されたようです。そのため、完全防水でないアウターのことをソフトシェルと名付けて販売しているメーカーが多いのだとか。

今のところ、ソフトシェルの定義と言えるのはこの「完全防水でない」部分のみと言えます。他にも薄く伸縮性が高く、中間着として秀でていることもよくあげられるようです。

しかし、この辺りはメーカーごとに定義の解釈が大きく異なるため、自分の目で製品を見比べてみないと何とも言えないのが実情です。 ちなみにモンベル社の公式サイトでは、ソフトシェルのことを柔らかく、伸縮性のあるアウターにも中間着にも着用できるもの、と紹介しています。

ソフトシェルが注目されるワケとは

正直なところ、薄手のアウターにしか見えないソフトシェルですが、なぜこんなにも注目されているのか。その秘密は万能性にありました。

モンベル社のソフトシェルは防風性・撥水性に優れているのでちょっとした雨ならばレインウェアが不要です。そのため、夏のように天候が急変しやすい時期のアウターとして最適です。また保温性も非常によいため、アウターの下に1枚着ておくだけで寒さをかなりシャットアウトしてくれます。そのうえ伸縮性や通気性にも秀でいますので動きを妨げにくく、蒸れにくいという万能さです。

天候が変化しやすく、なかなか服装に困ることの多い登山。そんなときに1枚持っているだけで寒ければ着て、暑ければ脱げ、さらに小さく折り畳めるという点がユーザーから高く評価される秘密のようですね。

モンベル社のソフトシェルは何が違う?

全体的に好評化のソフトシェルですが、モンベル社の製品は一歩先行く工夫が施されているものが非常に多いです。例えば、ソフトシェルの定義を打破しかねない製品も販売されています。

それが「コズミックパーカ」です。 ソフトシェルの「完全防水でない」を根底から覆す、完全防水モデルの冬用アウター。自社で独自に開発した防水透湿性素材を使用し、全ての縫い目に水の侵入を防ぐジームテープ加工を施した防水仕様で、同社のレインウェアと同等の機能を持っています。

残念ながらポケット部分は製造上の理由によってジームテープ加工ができないため、そこから水が浸入してしまう可能性はあります。ですがこれは同社のレインウェアにも言えることですので、完全防水と言っても問題ないようです。

更に裏地は起毛となっており、表面は雪の付着を防ぎ、滑りにくい生地を採用しています。雪山やスキー、スノーボードなど、冬のアウトドアには欠かせない製品と言えますね。ですが、他の製品と比べても重く、かさばるため、アウターとしてしか使い道はなさそうです。

防風性・保温性に特化した「パウダーシェッドパーカ」もモンベル社ならではのこだわりがつまった製品です。防風・透湿性フィルムをフリース地で挟み込こんだクリマバリアという素材を採用。風の浸入を防ぎ、暖かさを保つとともに余計な湿気は排出することを実現させました。同時に超耐久撥水加工も施しているため、激しい動きを伴うウィンタースポーツ向けのアウターです。

他にも耐久性を重視した製品、あえて特化させず、平均的な機能を兼ね備えた製品など非常にバラエティ豊か。初心者から上級者までもが使いやすいラインナップとなっています。

一口にソフトシェルと言ってもスウェットのようなものから上記のような完全防水仕様のアウターまで様々。それぞれの製品の特徴をよく理解すれば、もっとも自分にあった製品をチョイスすることができますね。

特にモンベルの製品であれば使用するシーンに応じてシリーズで販売していますので、初心者でも選びやすいと言えます。いきなり店舗に足を運んでみるのもいいですが、公式サイトなどであらかじめ製品の下調べをしておくと、よりスムーズに登山用品を揃えられるのではないでしょうか。