Home  >>  登山仲間探しはインターネットで

登山仲間探しはインターネットで

インターネット 登山を趣味にしている方の中には、若いころからではなく、いわゆる中年と言われる世代に突入してから始めた方も少なくないはず。見た目以上にハードな登山は足腰や肺活量を鍛えられますので、登山を始める前よりも健康的になれた、という方も多いと思います。

そんなハードな登山、みなさんはどなかたと一緒に登ったりしていますか?ひとり黙々と登り、季節の移り変わりや山ならではの風景を堪能するのもいいですが、登山仲間がいると何倍にも楽しいものとなるはずです。

登山仲間を作るには、インターネットを活用しましょう

登山を一緒に楽しむ仲間を作るといっても、いきなり山で会った初対面の相手に声をかけるのはハードルが高いはず。そこで、インターネットを活用してみてはいかがでしょうか。

手軽なのはやはり、コミュニティサイトのようなSNSです。山人(YAMADO)のように山好きが集まる専用サイトもありますし、フェイスブックやツイッターを通じて知り合う方法もあります。知り合いが全くいない状態から探すのでしたら、まずはコミュニティサイトに登録してみて、登山スキルや地域が近い方のサークルに入ってみて、チャットや掲示板で会話から始めるのがいいでしょう。

知り合ったばかりの相手といきなり一緒に登山、はやはり不安に思うことが多いでしょう。会話を楽しみながら気の合う相手を探していくのがベストです。

インターネットを活用するメリット・デメリット

インターネットを活用した仲間探しのメリットは、全く知り合いがいない状態でも、サイトに登録さえすれば山に関する情報交換や知り合いを増やすことができるということ。更に様々な世代が集まっていますので年齢に関係なく気の合う相手を探すことができます。

それにコミュニティサイトには写真を共有したり、おすすめの登山用品を紹介したりするページも設けられているため、自分の知識や渾身の写真を披露する絶好の場ともなりえます。

しかし一方で、インターネットならではのデメリットもあることを忘れてはいけません。やはりいちばんの問題点は、相手の素性が分からないということです。中には本名と顔写真の登録を義務化しているサイトもありますが、匿名OKというところがほとんどです。

中には純粋に登山仲間を探すという目的以外をもった悪質なユーザーも紛れ込んでしまっているため、見極めが必要になってきます。圧倒的に多いのが女性相手に下心を持ったユーザーですが、最近は男性の被害も少なからずあるため、注意してください。

インターネットは手軽に見知らぬ相手と知り合える、便利なツールと言えますが、使い方次第によっては思いもよらないトラブルに巻き込まれる可能性もあります。そのため、見知らぬ相手といきなり登山するというようなことは避けたほうが賢明です。

インターネットで気の合う相手を探すコツ

仲間を探そうと思いコミュニティサイトに登録したものの、思うように相手が見つからず歯がゆい思いをした方は少なくないはずです。次々と仲間の輪を広げ、登山をエンジョイしているユーザーと一体どこが違うのか。

インターネット上で知り合いを増やすにはやはり、自分から動くことが大切です。ただ写真を公開し、誰かが反応してくれるのを待つばかりでは、いつまでたっても知り合いは増えません。誰かが公開した写真には積極的にコメントする、会話にもどんどん入っていくといった努力が重要です。

ただあまりにもユーザー個人に頻繁にメッセージを送ったりすると、迷惑がられる可能性があるのでまずは不特定多数が参加できる掲示板から知り合いを増やしていきましょう。その中で、この人、と思う方がいれば直接メッセージを送ってみてください。

山好きの中には登山中会話をしたり、楽しみを共有することに対して消極的な方もいます。しかし、気の合う仲間と和気あいあいと山に登ると山頂についたときの達成感や充実感は全く変わってきます。どっと疲れがでる帰り道でさえ、楽しいことでしょう。仲間こそ、登山をより充実させる大切なものなのではないでしょうか。