Home  >>  登山に目的を持つことでさらに楽しく!

登山に目的を持つことでさらに楽しく!

登山の目的写真山道を歩き、山頂からの景色を眺めるだけでも、十分に登山は楽しいものです。ですが、山にはさまざまな楽しみ方があります。 人によっては何らかの目的を持って山へ向かうということもあるでしょう。

もしかすると、明確な目的を持たなければ行動を起こすことができない、という方もいらっしゃるかもしれません。とても真面目な方に多い傾向ですが、モチベーションを高めるために工夫することは、時に体力的に辛い思いをすることもある登山には大切なことです。

単に山に登るだけでも趣味として成り立つほどに楽しいものですが、そこに何らかの目的をプラスすることによってさらに登山を楽しむことができるようになるかもしれません。

美しい景色を写真の収めてみよう

登山と結び付けやすい目的の一つに、写真撮影というものがあります。登山中、または山頂ではさまざまな美しい景色を見ることができます。 記憶の中にとどめておくこともできますが、この光景を記録しておきたいと思ってしまうかもしれません。そんな時にカメラがあれば、目の前に広がる景色を切り取って保存することができるのです。

技術の進歩によって、デジタルカメラはどんどん小型化し、そして高画質な写真を撮影することができるようになっています。手のひらサイズのボディで、高倍率の光学レンズを搭載したものや、35mmフルサイズの大型イメージセンサーを搭載したモデルまで登場しています。また、フルハイビジョンムービー撮影機能を搭載したモデルも多くなってきていますので、さまざまな形で手軽に登山の思い出や美しい景色を記録することができるでしょう。

カメラを用意するのが面倒なのであれば、携帯電話やスマホのカメラも高性能化が進んでいますので手軽に写真撮影を楽しむことができるでしょう。

山菜狩りを楽しみながらの登山

近年、食べられる野草がちょっとしたブームになっています。関連書籍などもヒットしていますので、興味を持たれている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

春から秋にかけての季節であれば、山にはさまざまな食べられる野草が自生しています。登山のついでにこういった野草を集め、帰宅してから食べて楽しむことができます。

ただし、毒草を誤って食べてしまう事故も多発していますので、しっかりと見極めるための知識を身に着けておかなければなりません。また、山によっては山菜に限らず、植物の採集が禁止となっていることもありますので事前に確認しておきましょう。また、土地の言い伝えで精力増強に効く野草などの食材を発見したとしても、安易に手を出すのは危険です。素人では見分けがつきにくいものもありますし、煎じて飲まなければ効果が無く、生食はむしろ害をなす場合もあります。精力増強あるいはED改善を望むならば、山に登って足腰を鍛え、ED治療薬を病院できちんと処方してもらうのが安全です。

ただでさえ楽しい登山ですが、ここでご紹介したような目的をプラスすることによってさらに楽しいものにすることができます。また、より深く山と、自然と触れ合うことができますのでよりアウトドアが身近な存在に感じられるかもしれません。 あなたも挑戦してみてはいかがでしょう?