Home  >>  間違えたら命とり!クマの対処法

間違えたら命とり!クマの対処法

クマ 2016年の初夏、日本全国でクマに関するニュースが頻繁に流れました。秋田では1頭が複数の人を襲撃し、大きな話題となりましたし東京のお隣、神奈川の相模原でクマが目撃されるなどクマに関するニュースはとても多かったです。

そんなクマ、ここ数年どんどんと人里におりてきているうえに人間を恐れなくなってきているんだそう。そのため登山中も以前にも増してクマに対して警戒しなければなりませんが、もしかしたら遭遇することがあるかもしれません。もしクマと遭遇してしまったら、いったいどうすればいいのか。死んだふりなんかしてしまったら、大変なことになりますよ。

クマは臆病、だから存在を知らせよう

ここ最近のクマに関するニュースを見ていると、いかにもどう猛で、好戦的な印象を受けるクマですが、実は真逆。とくに本州に生息しているツキノワグマはドングリなどを好んで食べ、肉も食べますがほぼ草食です。なので自分から人間を襲い、ましてやそれを食べようという習性は持っていません。むしろ人間の方がクマの皮や肉をとるため、クマを襲撃してきたことからクマにしてみれば、会いたくない存在でもあるんです。

そのためクマの対処法としての第一歩は、「ここに人間がいます」というアピールを盛大にしながら登山をすること。そうすれば基本的に人間が怖いクマは自然とそこを避けていくため、遭遇する危険も低くなります。人間がいますというアピールに使うのは、お馴染みのクマ鈴を始め、ホイッスルやラジオです。音を使い、人間がこれから山に入ることを知らせてあげれば、普通のクマならばあえて近寄ってくることはありません。とくにクマ鈴のような高い音はクマの耳に届きやすいため、登山する場合は必需品といえるでしょう。クマの被害を防ぐには、まずは遭遇しないことがいちばん大事ですので、どの山へ登る場合も必ず携帯するようにしてください。

ただ2016年に話題になったクマのように、1度人間の味をおぼえてしまっている場合は危険。普段はおとなしいツキノワグマでも、好んで人間を襲撃する可能性があります。登山をする少し前に人が襲われたりしたことがあり、そのクマの捕獲がまだできていない。そうした場合は登山自体を諦めるのが賢明です。

クマに遭遇してしまったら

ただどんなに警戒していても、お互いにうっかり遭遇してしまうこともあります。思わぬクマの登場に、パニックになってしまうかもしれませんがそれはクマも同じ。「どうしよう!?」とお互い思っている状態なので、まずはとにかく冷静に。

とっさに背中を向け、大声をあげながら走り出すことだけは絶対にしてはいけません。クマもパニック状態なので、人間のその行動が刺激になってしまい、イチかバチかで「攻撃する」という防衛行動を起こす可能性があります。またもともと習性的に逃げていくものを追う、というものも持っているので走って逃げるのはむしろ命取りです。

またよくいわれている死んだふりも、危険な行動のひとつ。クマは転がっているものをひっくり返して調べる習性があり、目の前に人間が転がっていればあのするどいツメを持った手でひっくり返そうとします。ひっくり返すだけ、と思うかもしれませんがかなら荒っぽいのでおそらく無事ではすまないでしょう。

いちばん確実なのは、黙ったまま静かにその場を後ずさりしながら離れること。ゆっくり逃げたら襲われそうですが、意外とクマの方もいつ逃げればいいか、タイミングをうかがっていることが多いんだそうです。できるだけクマを刺激しないことを念頭に置きましょう。

しかしクマによっては適切な行動をしても襲ってくることがあります。そのときのために、クマスプレーというものが市販されています。唐辛子成分がメインの、いわば催涙スプレーのようなもの。クマを傷つけず、的確に時間を稼ぐためには効果的ですのでクマ鈴とあわせて用意しておくと安心ですね。ただ噴射距離が最大10メートルであること、風下だと自分が被害にあってしまう、というデメリットもあります。

子グマに会ったらいちばん危険

クマと遭遇するなかで、いちばん危険なのは子グマとの遭遇だといわれています。その近くには母グマが必ずいるからで、子グマを守るために殺気立っているからです。基本的には臆病な性格のクマも、子グマを守るためならば本当に容赦なく攻撃を行います。うっかり母グマと子グマのあいだに入ってしまっただけでも容赦なく襲われる可能性もありますので、子グマを見たら近付いたり観察したりせず、できるだけすみやかにその場を離れましょう。

登山をするうえで、クマと遭遇する確率はゼロではありません。2016年はすぐ隣は東京の八王子市、という相模原で目撃されたケースもありますのでクマ鈴、クマスプレーはこれからは必需品となるでしょう。同時に万が一遭遇してしまったときの正しい対処法も知っておいてくださいね。