Home  >>  山の中の正しい栄養補給とは!?

山の中の正しい栄養補給とは!?

2ndimage順調に登山を進めていくためには、飲食物の摂取についていくつかの約束を守る必要があります。特に初心者の方は、「とにかく体力をつけなくちゃ」と考えて、登山の前に暴食してしまいがちです。しかし、山は、満腹にしておけばクリアできるというものではありません。

固形物を摂るのは△

登山の前、そして登山中は、なるべく固形物の摂取を控えてください。固形物は消化に時間がかかるので、登っている最中に胃もたれを起こす場合があります。そこへ高山病や肉体の疲労が重なると、余計に体力を消耗し、気分も悪くなってしまいます。確かに登山にスタミナは必要ですが、エネルギーの元となるたんぱく質は、慎重に摂取しましょう。

スマートに山を登るためには、ゼリー状の栄養食物を摂るのが一番です。具体的には、プロの登山家もしばしば利用している、ウィダーインゼリーがおすすめです。他には、固形物ではありますが消化の早いカロリーメイトも悪くないでしょう。

食べ物にだけ気を付ければいい、というものではありません。山を登っていると、当然ですが喉も渇きます。そんなときには、一体どんな水分を摂取すればいいのでしょうか?

アミノ酸が疲れに効く

登山は1つのスポーツです。よって飲むべきは、水やお茶ではなく、スポーツドリンクということになります。疲れをもっとも効率的に癒すためには、アミノ酸の入ったドリンクが理想的です。アミノ酸には疲労回復を助ける働きがある、と言われています。特に、登山の前日、ベッドに入る直前に飲んでおくと、体がすっきりして力があふれてきます。

ポカリスエットやアクエリアスなど、一般的なスポーツドリンクでもOKです。それなりの「糖分」があれば、疲労は自然と薄くなります。しかし、この手のドリンクの飲み過ぎには、くれぐれもご注意を。水分でお腹が膨れると、やはり動きが鈍くなります。

登山には、非常に多くのエネルギーが必要です。特に高い山に挑む場合は、適宜、栄養補給が欠かせません。体に負荷をかけず、なるべく多くのエネルギーを摂取するには、上のような工夫が必須! 上手に栄養を摂って、登山をサクサクと進めていきましょう。